16回〜広告ビジネスモデルを考える【前編】〜りんごは踊る、されど並ばず。 #narabazu

シェアする

第13回は4人、第14回は3人、第15回は2人と、徐々にパーソナリティが減っていく中、第16回は何人でお届けすることになるのでしょうか?

ある日、RSSの記事を読んでいたところ、おもしろい広告ビジネスモデルを見つけました。

無料で会員を登録するだけで、毎月最大7枚の男性用ボクサーパンツを自宅に届けてくれる「フリパン」という広告ビジネスモデルです。

これにインスピレーションを得て、今回は「並ばず的、広告ビジネスモデルを考える」と題して、おもしろい広告ビジネスの紹介や、メンバーが考える広告ビジネスモデルをお届けします。

誰もが知っている広告ビジネスモデルであるテレビ局の話(正しいのか微妙ですが)から、Google、Twitter、Facebookについても触れています。

トマト屋より注釈:テレビCMと視聴率に関する部分ですが、けっこう適当なことを言っています。通常は番組放送期間中にスポンサー料金が変わることは無いようです。しかし、番組改編期にダメージを受けることになります。また、スポット広告という制度があり、そちらはもう少し複雑に視聴率が関わってきます。誤解を招く表現がありましたことお詫び申し上げます。

参考リンク

無料で会員を登録するだけで、毎月最大7枚の男性用ボクサーパンツを自宅に届けてくれるサービス

フリパン

この番組では皆様からのご意見をお待ちしております。

メールアドレス saredo@narabazu.com

また、メールフォームもご用意しています。

「りんごは踊る、されど並ばず。」は、iTunesなどに登録するとiPhoneやiPad、iPodシリーズ、その他 オーディオプレーヤーでいつでもどこでも聞くことができます。こちらのバナーをドラッグアンドドロップして下さい。

ポッドキャスト登録

コメント