17回〜広告ビジネスモデルを考える【後編】〜りんごは踊る、されど並ばず。 #narabazu

第16回でお届けした「並ばず的、広告ビジネスモデルを考える」の後編です。

前編ではテレビの広告ビジネスモデルの話をし過ぎてしまい、紹介しようと思っていた広告ビジネスモデルをほとんど紹介できないまま終わってしまいましたが、後編ではきちんと紹介できるのでしょうか?

後編ではちょっとしたアイデアが大当たりした広告ビジネスモデルや、人のある部分を使ったユニークな広告ビジネスモデルを紹介しています。

そして、りんごは踊る、されど並ばず。のメンバーが考えた新しい?広告ビジネスモデルも紹介しています。

 

参考リンク

 

Twitterに写真を投稿する際に利用しているユーザーも多いサービス

Twitpic

 

 

100万ピクセルで構成されたスクリーンを1ピクセル1ドルで販売したホームページ

ミリオンダラーホームページ

 

 

顔面に広告主のロゴやサービス名を掲載した状態で、街中を移動する広告サービス

顔面広告

 

 

絶対領域に広告シールを貼って日常を過ごし、ソーシャルメディアに配信する広告サービス

絶対領域広告

 

 

この番組では皆様からのご意見をお待ちしております。

メールアドレス saredo@narabazu.com

また、メールフォームもご用意しています。

「りんごは踊る、されど並ばず。」は、iTunesなどに登録するとiPhoneやiPad、iPodシリーズ、その他 オーディオプレーヤーでいつでもどこでも聞くことができます。こちらのバナーをドラッグアンドドロップして下さい。

ポッドキャスト登録

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください